みらいえデンタルオフィス ブログ

2018.10.05更新

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 

歯科衛生士の八鍬ですbird

 

本日は 歯ブラシについて書いて行きたいと思いますheart2

 いろいろな目的を持って歯ブラシされていると思います!むし歯の予防だったり、歯周病の予防。口臭予防などなど。。。

その根本的なものはお口の中の細菌によるものなのです。なので歯ブラシは悪さをする細菌を減らすことが歯ブラシをすることで大切だと思います。

そのためには自分自身のお口の中の状況を知ることも大切ですが使う道具なども大切ですflower2

歯ブラシにも硬さや毛の部分の形が色々なものなどたくさんあり購入するときに迷ってしまうことありませんか?tooth

よく質問があるのは"毛の硬さ"についてです!

「やわらかめ」「ふつう」「かため」とあります!

かための歯ブラシはかための毛束の方が摩擦力があるのでプラークの除去効果は高くなりますが、かたいので柔らかい歯茎を傷つけてしまうことがあります。知覚過敏のある方もかためのもので擦るとしみるのが酷くなったりすることもあります。なので磨く時の力の弱いかたにおすすめです。

なので通常の場合は大体はふつうのものを選択される方が多いと思います。ふつうのものであれば毛も硬すぎないので歯茎を傷つけることも少なくなりますglitter

やわらかめのものは歯茎から出血しやすかったり、歯茎が弱いかたにおすすめです。

 

pad歯ブラシの回数と時間について

大体の方は1日2回の食後のブラッシングする方が多いと思います!

やはり1日に1回だとむし歯の予防としてはとても弱いので1日2回は磨いてもらうと良いと思います!

時間は2分以上が好ましいです!歯磨き粉をしっかりつけて気になるところから磨いて行くと良いと言われています。

うがいの回数も少量で回数を少なくしてもらうと歯磨き粉の中の成分が薄まらず、歯にとても良い効果が得られるそうですflower2

 

pad歯ブラシの交換時期について

知らないうちに数ヶ月経っていること多いですよね…自分自身も慌てて変えることがおおいです…(笑)

1ヶ月に一本のペースで交換するのが一番良いです!

歯ブラシは使っているうちに毛の弾力が失われて毛先が開いてきます。そうすると歯ブラシの毛先が目的の場所に当たらずプラークを落とす力が低下してしまいます。歯茎を傷つけてしまう原因にもなります。

また、歯ブラシは毛が密集して植えてあるのでよく洗っても、お口の中の細菌が歯ブラシに付いており、衛生的にもあまりよくありません。なので変える日を決めておくと良いかもしれませんねmagnifier

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH