みらいえデンタルオフィス ブログ

2018.10.12更新

 

こんにちは!!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス歯科衛生士の宮本ですleaf

 

 

みなさん、おうちでの歯磨きはハブラシのみでしょうか?

実はハブラシだけではお口の中の汚れを全て取り除くことはできないのですgan汗

特に歯と歯の間はハブラシの毛先が届きづらく、汚れが溜まりやすい場所です。

そこで使うのが、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助用具ですlight bulb

 

今回はそれぞれどんなものなのか、少し説明したいと思いますnico

 

デンタルフロス

ハブラシの毛先が届きにくい歯と歯の間や、歯と歯がぴったりくっついている所の清掃に適しています!!

種類もいくつかあり

自分の好きな長さに切って使える「ロールタイプ」

F字型やY字型といった「ホルダータイプ」があります

デンタルフロスに慣れている方はロールタイプが適しています。

初めて使われる方や、細かく手を動かすのが苦手な方は、ホルダータイプがオススメですglitter3

 

デンタルフロスを使用してみて、

「いつもと同じ場所でひっかかる」「フロスが切れてしまう」などが気になるときは、

虫歯や適合不良の詰め物、被せ物が存在する可能性がありますbibibi

一度歯科医院で診てもらうとよいと思いますtooth

 

歯間ブラシ

こちらも歯と歯の間の清掃に適しています!!

 

歯間ブラシの質問で1番多いのが、針金とゴムとどっちが良いの?という質問ですcloudcloudcloud

「針金タイプ」

☞ 前歯でも、奥歯でも磨きやすく、汚れを落としやすいです。

  ですが、力を入れすぎると、歯肉を傷つけてしまう恐れがあります。

 

「ゴムタイプ」

☞ 針金タイプと比べると、汚れの除去率は低下します。

  ですが、柔らかく歯肉を傷つけにくい為、歯間ブラシを使いはじめたばかりの方にオススメです。

 

絶対にこっちじゃなければダメー!というのはありません

どちらもメリット・デメリットがありますが、1番は自分にあったほうを使用するのが良いと思いますlight bulb

あとは、自分の好みになりますねniheart

 

次に大きさについてですpencil1

これは、使う部分の隙間の大きさによって変わってきます。

スカスカで歯と歯間ブラシの間に隙間ができるよりは、

入れる際、若干の抵抗があるくらいが良いです!!

 

とは言いつつも、なかなか難しいですよね…tears

わからない時は治療やクリーニングの際にお気軽にご質問くださいnote2

 

今回はデンタルフロスと歯間ブラシについて詳しくお話ししました

専門的な部分もありましたが、

少しでも知っていただけたり、「使おうかなあ!」という気持ちになってくれたら嬉しいですheart3heart3

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH