みらいえデンタルオフィス ブログ

2018.11.10更新

 

こんにちは!!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス

歯科衛生士の宮本ですleaf

 

近年、子供たちの虫歯が減ってるのをご存知でしょうか?

 

昔に比べてフッ素が身近なものになったり、

予防への関心が高まり、子供の頃から歯医者へ定期検診に通う子供たちが増えたことにより、

乳歯の虫歯および若い世代の永久歯の虫歯は減ってきていますtoothglitter3

 

それに比べて増加傾向にあるのが高齢者の虫歯ですgan

 

現在、ご高齢となっても自分の歯が残っている方が増えてきました!!

「生涯を自分の歯で過ごす」という歯科医療の目標に近づく、素晴らしいことですgyaglitter3

 

ですが、歯が残っているということは虫歯になるリスクも高くなりますun

ご高齢の患者さんのお口の中を見ると歯肉が下がり、歯の根っこが見えている方がほとんどです

この見えている根っこが危ないのですbibibi

 

高齢者の虫歯で多いのが「根面齲蝕(こんめんうしょく)」という歯の根っこ部分にできる虫歯です

 

歯の頭の部分と根っこの部分では、表面の素材が違います

根っこの方が、酸に弱く、虫歯になりやすいです汗

 

そのため、歯の頭では虫歯にならないような磨き残しでも

歯の根っこでは虫歯になってしまうのですnamidanamida

 

そんな根面齲蝕をどうすれば防げるのか・・・?

 

それは

1.定期検診に通うこと

2.フッ素配合の歯磨き粉でしっかりハミガキすること

3.糸ようじや歯間ブラシを使うこと

この3つです!!

 

一般的な虫歯の予防方法と変わりありませんねnico

 

根面齲蝕は特に、歯と歯が隣り合っている面にできやすいです

汚れを溜めないようによく歯間ブラシを通していただければと思いますtooth

 

また、「この歯って根面齲蝕になっているかしら?」と気になる歯があれば

いつでもいらしてくださいflower2

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH