みらいえデンタルオフィス ブログ

2018.11.09更新

 

こんにちは!船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科衛生士の椿原ですflower2

 

今回は、大人の虫歯になる特徴を挙げていきたいと思いますtooth

 

 

まず、大人の特徴は、学業や仕事、育児などで多忙をきわめ、引っ越しや結婚、出産など、生活環境の変化が起こりやすい年代です。

不規則な生活習慣により、虫歯になりやすい傾向がありますbibibi

 

歯科に行く機会がなかなか取れず、虫歯が悪化しているケースも少なくないですnnn

 

また、定期的なメインテナンスで歯科に行く割合も低く、20代で53.5%、30代で58.5%と全体(67%)を下回る結果となっています。

 

 

お口の中の特徴をあげると、治療後の詰め物や銀歯の被せ物など、治療の後の歯の割合が高くなる傾向があります。

なかには、「せっかく治療した歯なのに、また虫歯になってしまった」という経験がある方もいると思いますshun

 

自分の歯と、詰め物や被せ物は、「違うもの」なんですexplosion

素材が自分の歯と異なるため、入れた時から少しずつ劣化してきてしまいます!

 

詰め物や被せ物は、プラスチックや金属を使用するので、自分の歯よりも歯垢が付きやすくなるのですexplosion

また、詰め物や被せ物の境目にも歯垢が付きます。

そのため、清掃状態が悪いと隙間から虫歯が進行してしまうんですnnn

 

 

ですが、定期的にメインテナンスやクリーニングをすることによって、虫歯の予防や早期発見、早期治療ができますleaf

もちろん、銀歯などの被せ物や詰め物も長持ちさせるためにも必要不可欠ですpencil2

 

若い年代のうちに歯科に通うことで、将来の歯を少しでも残すことが可能ですtoothglitter

しばらく歯科を受診していない方は、行ってみてはいかがですかnico

 

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH