みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.01.22更新

 

 

 

こんにちは

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス

歯科衛生士の八鍬ですboar

 

本日は 歯垢と歯石の違いについてお話ししたいと思います。

よく耳にしたことはあると思いますが、右から左へなんてことありませんか? 

簡単に言うと歯ブラシで落とせるのが『歯垢(プラーク)』

歯ブラシで落とさないのが『歯石』です。

 

まず、歯垢についてですが、歯垢は食べカスではなく、細菌の塊です。歯を爪でこすると付いてくると思います。大体1mgあたりに約10億もの細菌がたくさんひしめいているのです。うがいしただけでは落ちないので歯ブラシでこすって落とさないといけませんtooth

歯垢と歯石の違いについて

この写真の歯と歯茎の境目にべったりついているのが歯垢です。

歯垢と歯石の違いについて

この写真は先程の方とは違う写真ですが、これは綺麗な状態の写真です。

歯垢と歯石の違いについて

歯ブラシだけでこんなに綺麗になるのです。歯の表面を見てもらうと歯のツヤが違うと思います!歯垢が付着していると白くモヤがかかっているようになります。

 

次は歯石についてです。

歯石は歯垢が硬くなったものを歯石といいます。

歯磨き落としきれなかった歯垢が唾液に含まれるかるしうむやリン酸を取り込み硬くなっていきます。歯石の表面は粗造なのでプラークが付着しやすく放置していると更に硬くなり、歯の表面に大量に歯石が付いてきます。

歯垢と歯石の違いについて

 この歯の周りについている黄色っぽいのが歯石です。歯石が付着してることによって本来ある歯と歯の隙間がなくなっています。細菌の温床になりやすいため、定期的に歯医者さんで除去しないと、お口の中の状態が悪い方に傾いてしまいます。

 

毎日食事をしたりするため必ず少しづつは付いてきてしまうので、ぜひ定期的な健診で、健康なお口にしていきましょうflower2flower2

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH