みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.02.05更新

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス

歯科衛生士の八鍬ですbird

 

歯周ポケット検査についてお話ししたいと思います!

当医院でも定期的に検査をして歯周病の進行具合を調べていますのでご存知の方も多いと思います。

まず、歯周病の検査はなにがわかるかと言うと。

magnifier歯周ポケットの深さと、歯周病の進行の程度がわかる。

magnifier出血による炎症の有無がわかる。

magnifierプラーク、歯石の付着程度がわかる。

なので、メインテナンスのたびに行うことにより、歯周病が進行していないかをチェックしています。

 

中には痛いので苦手な方も多いと思います。

ポケットプローブと言われる棒状の器具を使い、ポケットの中を触って行きます。あれは決して歯茎をさしているわけではなく、ポケットの中に器具を入れ込んでいるのです。圧のかけ方だったりで痛みを生じる場合もありますが、大体は少しチクチクする程度だと思います。

 

2や、4などの数字はなにかと言うと、歯周病が進行するも、歯と歯茎のあいだの溝(歯周ポケット)が深くなります。ポケットの深さを測り数字が大きくなるほどポケットは深く、歯周病が進行しています。歯周病は進行してもほとんど自覚症状がないため、この診査はとても大切なのです。

歯周ポケット検査

 

ポケットが1〜3ミリ程度であれば確実にブラッシングを行えばブラシの毛先をポケットに届かせることができるため、歯周病菌が棲みにくい環境ですが、4ミリ以上になるとプラーク(最近のかたまり)がたまりやすく、歯ブラシの毛先がポケット深いところに届かないため。歯周病菌が増殖しやすくなるのです。歯周病菌は嫌気性菌という酸素がない環境を好む菌なのでポケットが深くなればなるほど、ポケットの中は酸素がない状態になり、歯周病が進行して悪くなりやすくなってしまうのです。

なので、検査で出血した部位が認められた場合はその部位て炎症が起きているので注意深く歯ブラシや、フロス、歯間ブラシでケアを行う必要があるのです。

 

一度治療が終わってメインテナンスになっても、ブラッシングを怠ると4ミリ以上のポケットや出血の再発が認められ、悪い状態に傾いてしまうこともあるのでそのような注意の必要な部分をみなさまにお伝えするためにもメインテナンス時のポケット検査は必要なのですrabbit

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH