みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.02.22更新

 

こんにちは!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科衛生士の椿原ですflower2

 

今回は、着色についてお話ですtooth

 

歯が茶色くなってませんか?

歯の着色原因は、外部からの原因があります。

コーヒーやお茶、ワインなどに含まれる色素が歯の表面に沈着することで着色を引き起こします。

「ステイン」による着色ですwine

 

また、タバコを吸うとヤニが付着します。

タバコのヤニはとてもしつこい汚れで、歯の表面がザラザラになります。

ザラザラしてるため、細菌にとって格好の住処になってしまいますshun

 

外部からの着色を防ぐためには?

leaf歯の表面を傷つけない

歯の表面はツルツルで、滑沢なことで歯の表面に細菌が付かないようになっています。

その表面を固い歯ブラシなどでごしごし強く磨くと細かい傷が付きます。

すると細菌や汚れが付きやすくなり、結果としてステイン沈着に繋がってしまいます。

 

leafうがい、口をゆすぐ

コーヒーやお茶、ワインなど飲食した後に口をゆすぐことで、洗い流し、ステイン沈着防止することが出来ます。

 

leaf美白歯磨き材を使う

よく薬局にホワイトニング用の歯磨き材が売られていますが、この歯磨き材は「歯を白くする」というより、

そもそもの役割が「ステインを落とす」ことです。

普段から使うことで、着色しにくくなりますglitter3

 

なかなか磨いても落ちない着色や、タバコのヤニは歯科医院でクリーニングを受けてキレイにするのがおすすめですnico

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH