みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.03.18更新

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の八鍬ですbird

 

本日は母子感染についておはなししたいと思います!

 

 むし歯はむし歯菌による感染症なのです。赤ちゃんは、この虫歯菌をどんな人からもらっているかというとママやパパからなのです。

ご両親の口腔環境を改善するとお子さんとのスキンシップを気兼ねなくおこなうことができます。虫歯菌がうつるからという理由でスキンシップを制限してしまうより歯科医院で治療が必要な虫歯を治し、定期的にお口のクリーニングを行います。

むし歯のコントロールができたお口なら、スプーンを分けるなどの必要最低限の配慮をするほかは、ほっぺにキスをするくらい問題ありませんheart

おっぱいや離乳食を与える前に手洗いと同じように、うがいをしましょう!お口の中の細菌の数が減りますmagnifier

さらに、歯みがきをすると唾液のなかの90%の細菌を減らすことができます

 

 

 

赤ちゃんのむし歯予防について

 

leaf6か月~7か月頃に下の前歯が生えてきます。歯が生えてきたら歯みがき開始の合図ですleaf

赤ちゃんのお口はとても敏感なのでそこにいきなり歯ブラシを入れてしまうと嫌がってしまいます。焦らずに口慣らしから初めてみましょうflower2

最初に生える下の前歯は、唾液腺の近くにありいつも唾液にひたされているので、幸い虫歯になりにくい歯です。なので、下の前歯が生えたのを合図に準備をはじめていきましょう。期限の良い時に赤ちゃんを寝かせて、お口の中をのぞいたり、清潔な手でお口の周りをやさしく触りますchick

 

glitterはじめての仕上げ磨きglitter

下の前歯の次に生えてくる上の前歯は、おっぱいや哺乳ビンがちょうど当たり、虫歯になりやすい歯です。上の前歯が生えてきたら仕上げ磨きを開始してください。期限の良い時間を選び、唄を歌ったり、楽しい音楽を使いながら遊び感覚でやってみましょうnote2

本人用とは別に仕上げ磨き用歯ブラシを用意し、フッ素を使って磨きます。赤ちゃんの前歯の間には上唇小帯があります。そこを歯ブラシで引っかけないように指で押さえて磨いてください。

 

 

                                                                                                       

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH