みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.05.20更新

 

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の 八鍬ですflower2

 

本日は 歯間ブラシについておはなししたいと思います。

歯間ブラシは歯と歯の間をお掃除する道具になります。デンタルフロスとは違い、隙間の広い方が歯間ブラシを使うと効率よくお掃除ができますglitter3

どちらが向いているかは歯科医院で確認してもらうとおススメのサイズや使用方法を教えてもらえると思います。

歯と歯の間の掃除はなぜ必要なのか、というと、歯ブラシで歯の間を磨くのはとても困難なため、むし歯になりやすい部位なのです。また細菌が溜まりやすく歯茎も腫れやすく、放置してしまうと出血し歯周病のリスクが高まります。そのため、歯と歯の間のお掃除は大切なのですnote2

歯間ブラシ

 

歯間ブラシはサイズがあるので自分に合ったものを使用して下さい。

毛のブラシの部分を見てもらうと、色によってサイズが違うのが分かると思います。

 

歯間ブラシ

 

歯の間に入れた時に軽い抵抗感のあるもの。細すぎると汚れを落としきれないことがあります。同じお口の中でも歯間ブラシの太さは様々です。時には使い分ける必要があります。

太すぎると歯茎を傷つけてしまうことがあるので、治療後はサイズの見直しが必要な場合があります。

歯茎が腫れており歯間ブラシを使うと血が出ることがありますが、それは歯茎が腫れている証拠なのでしっかり汚れを取れば、2週間ぐらいで出血が治ります。血が出ても歯間ブラシは使用するようにしましょうmagnifier

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH