みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.06.03更新

 

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士 の 八鍬ですdog

 

ほとんどの人が あるのが当たり前 の 唾液tears とても重要な役割をしているのです!

 

flower2血液からつくられます

唾液は透明な液体なので、水分が姿を変えたものだと思っているかたもいるかもしれません。

唾液はもともと血液です。

水分を摂取すると、胸骨や肋骨などにある骨髄で血液が作られ、その血液が唾液腺にて唾液へと作り変えられるのです。

水を飲んでそれがすぐに唾液になるわけではなく、一回血液になります。

 

flower21日に1〜1,5ℓつくられます

健康な成人の場合、唾液は 500ml入りのペットボトル2〜3本分作られます。1日の中でも唾液の出る量は変化していて、就寝時にとくに低下します。分泌量は加齢とともに低下していく傾向があります。

 

flower2唾液腺で作られます

唾液が作られる唾液腺は、お口の中に大小複数存在し、大きさにより 小唾液腺 と 大唾液腺  に分けられます。

耳下腺 顎下腺 舌下腺の3つが3大唾液腺と呼ばれ、とくにたくさんの唾液を作り出します。

 

flower2多くの成分が入っています。

唾液の99%以上は水。ですが残り1%にさまざまな成分が含まれています。成分は血液から移行してきたものだけではなく、唾液腺で新たにつくり出されるものもあります。

汗リン酸、カルシウム《歯の修復作用》

汗アミラーゼ《消化作用》

汗ムチン《潤滑作用・粘膜保護作用》

汗重炭酸《緩衝作用》

汗IgA(免疫グロブリンA)、ラクトフェリン、リゾチーム《抗菌作用》

汗成長ホルモンなどの各種成長因子《粘膜の修復や細胞の保護》

汗糖タンパク《歯の保護》

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH