みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.06.22更新

 

 

こんにちは!!

 

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス

歯科衛生士の宮本ですleaf

 

 

6月は

「皆さまにもっと唾液について知ってもらおう!」

と言うことで

私たち衛生士は唾液に関することを

ブログで載せてきましたnicopencil1

 

「へえ〜唾液ってすごいんだ〜」と

思っていただけたのなら嬉しいですgyagya

 

唾液をたくさん出すには

噛むことが重要ですlight bulb

 

よく噛むために大切なことといえば、

噛めるお口が維持されていること!!

 

 

虫歯や歯周病があっては

しっかり噛めませんので、

歯医者さんで治療してもらいましょうtooth

 

また

お家でのハミガキや

歯科医院での定期検診とともに、

今回お話した「唾液」も見直し、

「唾液の量と質をコントロールして

お口の病気を予防していく」

というのも意識してみてくださいstar

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.19更新

 

こんにちは!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィスオフィス、歯科衛生士の椿原ですflower2

 

唾液の質を左右する唾液中のlgA(免疫グロブリンA)。

この物質が増えると、感染予防に役立ちますglitter

 

その1pencil1腸の免疫力アップで唾液の質もアップ!

唾液中のlgAを増やすコツは、腸の免疫力を向上させることです。

腸と唾液は一見無関係に思えますが、『腸管の免疫の状態と、唾液腺の免疫の状態は連動する』

ことが分かっています。

腸管の免疫力が高まれば唾液中のlgAが増えるのですleaf

細菌やウイルスへの抵抗性がアップして、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりづらくなりますexplosion

 

その2pencil1食品から腸の免疫力を改善

腸管の免疫状態の改善には、腸内の細菌叢(さいきんそう)のバランスを改善する食品が有効です。

具体的には、生きた菌を含む食品(乳製品)や食物繊維が豊富な食品などです。

牛乳やヨーグルト、きのこ類、お酢、ニラやネギが挙げられます。

腸管の免疫力が上がると、連動して唾液腺の免疫力もあがりますglitter

 

このことを意識して唾液の質をあげてみるのもいいですねnico

 

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.17更新

 

こんにちはrabbit

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の 八鍬です!

 

唾液にはたくさんの働きがあります。しかし、十分に効果を発揮するにはある程度の量が必要です。そこで今回は量を増やすコツをお話ししたいと思いますflower2

 

tears水分をとる

唾液は血液に由来すると前回お話ししましたが、血液のおおもとは水分です。唾液を増やすには水分をとりましょう

 

tearsよく噛んで食べる

噛めば噛むほど唾液腺が刺激され、唾液だ出てきます。食材を大きく切ったり、かみごたえのある食品を選ぶなど、噛む回数を増やす食べ方の工夫も効果的です。

 

tears唾液腺マッサージをする

やりやすいものを繰り返していただければOK!

唾液の量を増やすコツ

 

tears抗酸化食品をとる

抗酸化物質はアンチエイジング効果がある、と注目されていますが、その中には唾液の量を増加させるものもあります。

納豆などに含まれるイソフラボン、ネギやタマネギに含まれるケルセチン、サプリメントで売られているコエンザイムQ10、柑橘類などに含まれるビタミンCがそれにあたります。

 

magnifier唾液の量が減る主な原因

脱水

持病のお薬など(服用している薬剤の副作用によって量が減少したり、唾液腺の病気やガンの放射線療法でも減少します。)

加齢(加齢にともない唾液腺の機能やお口の筋力が低下し量が減少します。)

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.15更新

こんにちは!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科助手の平岡です。

 

前回の飲んだスタバのプリンアラモードフラペチーノ、もうすぐ期間が終わってしまうのでその前にチョコチップを入れてチョコプリン風味のプリンアラモードフラペチーノをいただきましたnote2

 ちょか

やっぱりチョコレートは美味しいなあとしみじみ感じるのと、カラメルソースのほろ苦さがチョコソースとチョコチップの甘さといい感じに合わさっていましたnico

期間限定なのは悲しいですが、また復刻してくれることを祈ってますflower2

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.12更新

 

こんにちはcloud

 

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科助手のわたなべですtiger

 

通っている英会話スクールのみなさんと英語版人生ゲームをやりましたflag

 

人生ゲーム

 

日本版とルールが少し違うのと、日本語は一切書いてないのでわちゃわちゃしてたら終わるまで3時間以上かかりましたーabon汗

 

でもとっても楽しかったですnote2

ちなみに6人中3位でしたーcrown

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.10更新

 

こんにちは!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科助手の金沢です。

 

6月らしくすっかり梅雨空ですねcloud

気温差が激しいので体調を崩されている方も多いようです。

体を冷やさないようにしてお過ごし下さいねcoffee

 

雨は憂鬱な時もありますが、綺麗な紫陽花がいろんな場所で咲いていて道を歩くのが少しだけ楽しくなりますsneakers

 

梅雨

今週も頑張って行きましょうrain

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.08更新

 

 

こんにちは!!

 

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス

歯科衛生士の宮本ですleaf

 

 

前回は、唾液のお口への働き

でしたが

今回は、唾液のからだへの働きですniconico

 

 

唾液のはたらきは

お口の中だけには留まりません

全身への作用をご紹介しますpencil1

 

 

唾液にはIgAという

細菌やウイルスがからだに侵入するのを防ぐ働き

をする抗菌物質が含まれています!!

 

IgAが多いことで

風邪やインフルエンザなどの

呼吸器系疾患にかかりづらくなる

ことがわかっていますglitter3

 

さらに食道や胃の粘膜を保護し、

また消化を助けますlight bulb

 

 

唾液って

いろんなチカラがあってスゴイですgya

 

 

たくさん質の良い唾液を出して

健康を保ちましょう〜〜cloudcloud

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.05更新

 

こんにちは!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科衛生士の椿原ですflower2

 

唾液は、お口にどのような働きをするのか紹介しますglitter

 

①お口を清潔に保つ

唾液には、食べカスや細菌を洗い流して、お口を清潔に保つ自浄作用があります。

唾液が減り、口の中が汚れやすくなると細菌が繁殖しやすくなります。

すると細菌の塊のプラークが増え、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

 

②お口の粘膜を守る

唾液のネバネバ成分であるムチンには、潤滑油として粘膜を保護する作用があります。

唾液が減るとお口の粘膜の潤いが足らず、傷ついて口内炎などになりやすくなります。

 

③お口の中を中性に戻す

お口の中はもともと中性ですが、飲食をすると、お口の細菌の出す酸や飲食物の酸によってお口の中が酸性になり、歯の成分が唾液中に溶け出していきます。(脱灰)

唾液中の重炭酸イオンは、お口の中を中性に戻す作用があります。

 

④歯を補修する

唾液中に溶け出した歯の成分は、時間をかけて唾液から歯に戻り、歯が補修されていきます。(再石灰化)

 

⑤細菌感染から守る

唾液の自浄作用と、lgA、リゾチーム、ラクトフェリンなどによる抗菌作用で、虫歯や歯周病などの細菌の活動が抑制されます。

 

⑥食べ物をまとめる

細かく砕かれた食べ物を湿らせて食塊にすることで、飲み込みやすくします。

 

⑦消化を助ける

アミラーゼという消化酵素がデンプンを分解し、消化を助けます。

 

⑧味を感じさせる

食べ物の成分が唾液に溶けることで、味を感じやすくなります。

 

唾液にはさまざまな働きがあることが分かりますねnico

24時間365日活動してますtoothtearsstar

 

 

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2019.06.03更新

 

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士 の 八鍬ですdog

 

ほとんどの人が あるのが当たり前 の 唾液tears とても重要な役割をしているのです!

 

flower2血液からつくられます

唾液は透明な液体なので、水分が姿を変えたものだと思っているかたもいるかもしれません。

唾液はもともと血液です。

水分を摂取すると、胸骨や肋骨などにある骨髄で血液が作られ、その血液が唾液腺にて唾液へと作り変えられるのです。

水を飲んでそれがすぐに唾液になるわけではなく、一回血液になります。

 

flower21日に1〜1,5ℓつくられます

健康な成人の場合、唾液は 500ml入りのペットボトル2〜3本分作られます。1日の中でも唾液の出る量は変化していて、就寝時にとくに低下します。分泌量は加齢とともに低下していく傾向があります。

 

flower2唾液腺で作られます

唾液が作られる唾液腺は、お口の中に大小複数存在し、大きさにより 小唾液腺 と 大唾液腺  に分けられます。

耳下腺 顎下腺 舌下腺の3つが3大唾液腺と呼ばれ、とくにたくさんの唾液を作り出します。

 

flower2多くの成分が入っています。

唾液の99%以上は水。ですが残り1%にさまざまな成分が含まれています。成分は血液から移行してきたものだけではなく、唾液腺で新たにつくり出されるものもあります。

汗リン酸、カルシウム《歯の修復作用》

汗アミラーゼ《消化作用》

汗ムチン《潤滑作用・粘膜保護作用》

汗重炭酸《緩衝作用》

汗IgA(免疫グロブリンA)、ラクトフェリン、リゾチーム《抗菌作用》

汗成長ホルモンなどの各種成長因子《粘膜の修復や細胞の保護》

汗糖タンパク《歯の保護》

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH