みらいえデンタルオフィス ブログ

2016.06.27更新

こんばんは(^o^) 船橋の歯科医院「みらいえデンタルオフィス」院長 桑原です。

当院はセレックを導入しております。

セレックに関しては こちら

セラミックの歯を院内で作製できるので口腔内スキャナーで撮影していました。

しかしながら奥歯のブリッジは強度が必要なためジルコニアという強度のあるセラミックで作成しなくてはなりません。 

これは院内で作製できなかったため技工所に出していました。 よって今まで通り型をとっていましたが・・・・・

これからは型を取らなくて口腔内スキャナーの撮影で作成できるようになりました。

【初診時】

左下の奥から二番目(向かって右側)は残念ながら抜歯になりました・・・



傷が良くなったら・・・

口腔内をセレックでスキャニング(カメラで口の中を撮影します)

こんな感じ・・・・

【スキャン完了】



コンピューター上で設計します・・・・(・∀・)

こんな感じ〜

【設計】



かみ合わせをチェックして

問題なし(^_-)



ここでインターネットを介してデータを技工所に送信します・・・・

すると技工所で仕上げて送られてきます。

技工所も模型を作成する手間もないためスピーディーに作製ができるようです。

また口腔内を直接データ化してるので石膏模型の変形もありません。

【装着】




やっぱり歯科技工士さんが作成するととてもリアルに仕上げてくれますね(^o^)

デジタルをうまく使いながら仕上げは匠による熟練の業! これが一番の理想形ではないだろうか。

みらいえデンタルオフィスでは『最先端の技術』を利用しながら『古き良き匠の技』も用いることによりよりよい治療を患者様に提供していきます。







投稿者: みらいえデンタルオフィス