みらいえデンタルオフィス ブログ

2016.05.04更新

インプラント治療は簡単ではありません。 どこに歯を作るのかシミュレーションを行い、適切な場所にインプラントフィクスチャーと呼ばれるネジを入れなければいけません。

当医院では安全なインプラントを提供しております。

気軽に歯科医師、スタッフに相談してください(・∀・)



http://www.mdo-ceramics.com/

投稿者: みらいえデンタルオフィス

2014.03.26更新

ドイツ製3DCT『ORTHOPHOS XG 3D』とは短時間のスキャンで3Dで骨などの組織を見る事ができるレントゲン装置です。

精密な診断と治療が求められるインプラント治療には必要不可欠な診断装置です。従来のレントゲンでは2次元(平面)でしか見る事ができなかったので、歯科医師の経験とカンに頼るしかありませんでした。

(経験豊富な歯科医師でも「弘法も筆の誤り」ということもあります・・)

しかしながらこの3D診断を行えば確実に安全に思った所にインプラントを入れる事が出来ます。

極端に言うと「そこにしかインプラントが入らないシステム」を「みらいえデンタルオフィス」では導入しております。

また骨の状態が正確にわかりますので、インプラントが出来ない症例も術前にわかります。

このように術前に確実な診断と設計を行ってインプラント治療を行います。

コンサルティングにしっかり時間をかけてご納得いただいた上で治療を開始いたしますので気軽にご相談してください。





投稿者: みらいえデンタルオフィス