インプラント・入れ歯

歯を失ってしまった場合

歯を失うことはさほど珍しいことではありません。しかし、失った箇所を放置しておくのは禁物です。隣の歯が倒れてきたり、上の歯が下がってきたり、左右のバランスが崩れるといった、弊害が生じることがあるからです。

インプラント

インプラントとは

歯を失った時は、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、それを土台にして上部にセラミック製の歯を装着する治療ができます。みらいえデンタルオフィスでは、CTとセラミック、マイクロスコープ、サージカルガイドを用いて、正確で安全なインプラント治療を行っています。

みらいえデンタルオフィスのインプラント治療

通常のインプラント治療では、手作業で治療後の歯の形を作り、歯ぐきを切開し、ドリルで骨を削ってそこに人工歯根を埋め込みます。そのため人によって治療の精度が異なり、場合によっては患者さんの身体を傷つけてしまうことにもなりかねません。

事前のシミュレーション

当院では、そういったリスクを最大限減らすために、まずCT検査の結果に基いてコンピューターでシミュレーションを行います。画面上で患者さんの骨の状態や他の歯の形を確認しながら、どういったインプラント治療をしていくのがベストなのかを考えることができます。また、先に骨のどの位置に人工歯根を埋め込むのかも決めておくことができます。

シミュレーション通りに治療

しかし、せっかくシミュレーションしても、実際の治療でその通りにできなければ意味がありません。そこでサージカルガイドと呼ばれるものを作成します。治療の際、これを患者さんのお口の中にはめておけば、シミュレーション通りの位置・方向・深さにインプラントを埋め込むことができ、周囲の組織を不必要に傷つける心配もありません。また、セレックを使用することで、歯として使用する部分もシミュレーション通りに出来上がります。

その他のメリット

上記の進め方をすると、安全性が高まるだけでなく、出血や痛みが少ない、治療時間が短い、治癒が早いといったメリットもあります。インプラント治療をご希望される方は、ぜひ当院へご相談ください。

入れ歯

当院ではまず、入れ歯は保険診療内で、修理をしながらうまく使っていただく、という方法をおすすめします。

実際に使用される場合には、異質な装置である入れ歯をデリケートなお口の中で違和感のないよう、きちんと調整することを重要視しています。

違和感や痛みがある入れ歯を使い続けていると、顎の骨や他の歯にも悪影響がありますので、早めに修理や調整、場合によっては作り直しをするようにしましょう。

また、インプラントを埋め込み、それを使って入れ歯を支える「インプラントデンチャー」という選択肢もございます。ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。