小児歯科

小児歯科について

子どもの歯は、何もない状態から「乳歯が生えてくる」「乳歯が抜ける」「永久歯が生えてくる」と目まぐるしく変化していきます。その時々に合わせて適切な予防や治療が必要になりますので、小さいお子さんがいらっしゃる方は、ぜひ当院へご相談いただければと思います。

お子さんを怖がらせないようにしましょう

歯医者さんは怖いところ、痛いことをされるところ…そんなイメージを持たれてしまうと治療を受けることを拒否するようになってしまいます。

ご自宅では「お母さんお父さんも歯医者さんで歯をきれいにお掃除してもらうから一緒に行こう!」「お友達の○○ちゃんも歯医者さんで歯磨きしてもらってるんだって!」「虫歯にならないためにきれいにしてもらおうよ!」といった言葉をかけてあげるようにしましょう。そして、歯のクリーニングや治療が終わった後は思いっきり褒めてあげてください。

間違っても「歯医者さんで痛い注射してもらうからね!」といった脅し文句を使わないようお願いいたします。

まずは、お子さんの歯に興味を持ちましょう

専門的な処置はもちろん当院で実施いたしますが、お母さん・お父さんが子どもの歯の状態を知ることも大切です。どれが乳歯でどれが永久歯なのか、今お口の中に何本歯があるのか、お子さんは自分できちんと歯磨きができているのかを、知るところから始めるようにしましょう。

お母様にお伝えしたい、「お子様の予防で大事な3つのお話」

①歯医者さんが怖くない所だという事を教えてあげてください。

歯医者さんが怖いのは大人も同じです。何されるのかわからないのが行きたくない原因の一つだと考えられます。そこで「お母さんお父さんも歯ブラシしてもらうから一緒にやってもらおうよ。」とか「〇〇ちゃんも歯医者さんで歯磨きしてもらってるんだって。虫歯にならない様にきれいにしてもらおうよ!」などお子様のモチベーションをあげてください。間違っても「歯医者さんに行って注射してもらうよ!」なんて怖いイメージをあたえないでくださいね。

②お子様の口の中に興味を持ってください。

乳歯がどれなのか、永久歯がどれなのかなど知っているのと知らないのでは大違いです、永久歯が虫歯になれば大変です。仕上げ磨きのときもチェックできますので、受診していただければしっかりお答えいたします。見逃しがちな歯と歯の間もチェックいたします。

③受診して上手に歯ブラシ、または治療が出来たら思いっきり褒めてあげてください。次の定期検診に行くモチベーションが変わります。

フッ素やシーラントは予防に効果的です。小さな事でも気楽にご相談ください。