みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.08.20更新

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の八鍬ですdog

 

ワンチャンとネコチャンのお話の続きですpad

犬と猫のお口の病気で一番多いのは歯周病なのです。「ご飯を食べなくなってしまった。」と飼い主さんと動物病院に来院されて、お口の中を見てみると歯周病になっているケースがよくあるそうです。動物は自分で歯を磨けませんし、「歯が痛い」と言ってくれません。来院した時にはかなり進行していることが多いとのこと。

3歳以上の犬猫では、85%以上が歯周病に罹患していると言われています。

飼い主さんでもわかる兆候として、、、tiger

お口のにおいです。独特の刺激臭がします。動物なのでケモノ臭いのは仕方ないと見過ごしてしまいがちではあります。

次に出血です。歯茎からの出血です。

 

歯周病は放置して悪化すると歯が抜けるだけではなく、上アゴの骨がとけてしまったり、頬の皮膚に穴があいてしまうこともあるそうです。

全身的にもいろいろな病気を引き起こし、時には命取りにすらなります。犬猫においても歯周病と腎臓疾患、心疾患との関連が研究で示唆されているとのこと。

 

しかし、動物はむし歯の要因となる砂糖は取らないので、むし歯はほぼゼロなのです!!star

歯周病がナンバー 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH