みらいえデンタルオフィス ブログ

2019.11.11更新

 

 

こんにちは!

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の八鍬ですflower2

仮歯について本日もお話していきたいと思います!

 

 

患者さんにとっての仮歯とは、口もとの印象があまり変わらないことや、食事にも支障をきたさないなどの意味合いが大きいと思います。しかし、仮歯は質の良いスムーズな治療にとって、とても重要なアイテムなのです。

仮歯の大きな3つの役割を担っています!!

 

magnifier削った歯を細菌感染や刺激から守る

削って治療した歯は、手術後の傷口と同じ。仮歯は包帯のように細菌の感染やしみる症状などの刺激から歯を守ります

magnifier歯型をとったあと歯が動かないように固定する

歯は放っておくと自然と空いた場所に動きます。もしも土台が動いて、できあがった被せ物が入らなくなっては大変なので、仮歯を入れて固定します

magnifier噛める状態を維持する

治療中も噛んで食べられるようにします。噛まずにいると、噛む力を感じるセンサー『歯根膜』が怠け、いざ被せ物ができあがって入れたとき、噛む力に過剰反応して歯が高いと感じてしまいます。そこで本番に備え、仮歯を使って噛むことに慣らしておきます

 

 

なお、こちらは一般歯科治療で使われる仮歯についてです。審美治療で使われる精密な仮歯は、一般的な仮歯とは別物で、もっと多くの役割を担います。

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH


ARCHIVE