みらいえデンタルオフィス ブログ

2020.01.14更新

 

 

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の八鍬ですmouse

あけましておめでとうございますglitter

2020年がスタートしてついにオリンピックの年ですね!

今年も是非ご自身の健康や好きなものを美味しく食べれるようにみらいえデンタルオフィスにいらして下さいflower2

 

噛めるお口と栄養や肥満のお話をしていきたいと思います!

奥歯を失って、いつかなんとかしなくては、、、と思いながらいつの間にか慣れてしまい、治療を先延ばししていませんか?奥歯を失うと、咀嚼機能が低下します。咀嚼機能が低下すると、軟らかくて食べやすいもの、簡単に満足感を得られるものを食べるようになってきます。たとえば、うどんやラーメンなどの麺類は、よく噛まなくても食べやすい食べ物です。すすって流し込めるの、噛めないというストレスをほとんど感じずにすみます。カレーライスも同様です。その結果、しっかり食事はとれている。という自己評価になりがちです。

 

こうした噛めなくても食べられる食事は、実はカロリーオーバーを引き起こしやすい一方、筋肉量の維持に必要な動物性タンパク質や、老化を防ぎ体調を整える抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが乏しく、深刻な栄養不足を招きやすいのです。

 

肥満につながりやすいうえ、低タンパク質で筋肉が減ってしまうのでは、むしろ健康増進には逆効果。

奥歯を失ってから、食の好みが変わってきていませんか?

血糖値、内臓脂肪、体脂肪率が上がってはいませんか?病気の発症リスクを減らすために、歯科治療で噛めるお口を取り戻しましょう!

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH


ARCHIVE