みらいえデンタルオフィス ブログ

2020.03.12更新

 

こんにちは!

船橋大神宮下みらいえデンタルオフィス、歯科衛生士の椿原ですflower2

 

初期むし歯の発見は一筋縄ではいきません。

初期むし歯に特有の表面の白濁は、プラークがその上に付着していると見えません。

唾液に濡れていると光の反射ではっきりと分かりません。

 

なので、①しっかりプラークを除去して

②風を吹き付けて歯の表面の唾液を乾燥させ、③観察しますtoothglitter3

 

とくに奥歯の溝が黒っぽい場合、歯の着色と混同しないように、

④過去のメンテナンスで撮影したお口の中の写真と見比べる、ことも必要ですlight bulb

 

歯と歯の間にもむし歯はできるので、初期むし歯を早期に見つけるには、

⑤レントゲン撮影も必須となりますexplosion

 

初期むし歯を患者さん自身で気がつくのは、とても難しいです。

歯科の精査で見つかるケースが多いのが、初期むし歯の怖いところgan

 

メンテナンスに定期的に通い、チェックすることで、早期に見つけることができるので、ぜひメンテナンスにお越し下さいnico

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH


ARCHIVE