みらいえデンタルオフィス ブログ

2020.04.07更新

 

 

こんにちは! 

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の八鍬ですbird

本日からは、歯の詰め物について書いていきたいと思います!歯の寿命にたいした影響はないと思われがちな詰め物の治療ですが、本当はその歯の将来を左右するとても大事な治療だということをご存知ですか?

詰め物が長持ちすればその分治療の繰り返しが避けられます。そうすれば削られる歯質を減らせることができ、その歯の将来の健康にとても有利なのですflower2

 

お口の中に詰め物はありますか?

現在どんな材料が使われているのかをブログにて簡単にですが、ご説明していたいと思います。歯を長期的に守っていく参考になれば幸いです。現在、国内ではいくつかの種類があり患者さんの希望や歯の状態に合ったものが選択されているとおもいます。それぞれの長所や短所がありますので見かけだけでなく、むし歯のおおきさや、前歯か奥歯か、噛む力の強さなどを考慮して材料を選択することがとても大切です。

詰め物の治療は、詰めたら大丈夫と思われがちですが、本当はそうではありません。どんな道具もいつかは壊れるように、詰め物も噛む力によって欠けたりします。詰め物の周りのが傷んできて段差や隙間ができることもあります。放っておくとそこにバイ菌が溜まり、治療した歯がまたむし歯になってしまうことも、、、rain

 

経年変化にご用心!!!

 いろいろな歯の詰め物

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH


ARCHIVE