みらいえデンタルオフィス ブログ

2020.04.20更新

 

 

こんにちはcow

船橋大神宮下 みらいえデンタルオフィス 歯科衛生士の八鍬ですflower2

最初にコロナウイルスの感染増加防止のため、当医院では患者さんの間隔をあけて診療をしています。ネット予約の停止。また、緊急性のない治療(ホワイトニングやメインテナンス等)に関しては今のところゴールデンウィーク明けの5月以降にご予約をお願いしております。ご予約の取りづらい状況になっておりご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

 

詰め物の種類について、本日はコンポジットレジンというプラスチックとセラミックの粒子の混合材料を紹介します。

コンポジットレジンの強みは、歯を削る量を減らせるということ。歯は歯質を失うほど耐久性を失ってしまうので、詰め物の治療で歯質を多く残すことはとても大切です。しかし、この材料にも弱点があります。ひとつは着色しやすいこと。もうひとつが、大きな治療や、強い力がかかる歯の治療が苦手なこと。軟らかいので、使っているうちに削れたり崩れたりすることがあるのです。なので、力のかかる奥歯などは噛んでいるうちに削れてきます。そうすると、むし歯のできやすい状況になってしまうこともあるので注意が必要です。

このようなむし歯に適応していますstar

コンポジットレジン

 

歯と歯の間のむし歯でも範囲が狭ければコンポジットレジンで治療することが可能です。

コンポジットレジン

 

 

投稿者: みらいえデンタルオフィス


SEARCH


ARCHIVE