メタルフリー歯科治療|船橋の歯医者「みらいえデンタルオフィス」

METAL FREE

メタルフリー
歯科治療について

虫歯治療で歯を削った後に詰め物や被せ物で穴を塞ぎますが、残っている歯と取り付けた詰め物・被せ物の境目に隙間ができると、そこに汚れが溜まり、再び虫歯が発生してしまいます。
そして次に治療する時はさらに歯を削るため、穴はどんどん大きくなっていき、最終的には抜かなければならなくなってしまうのです。

この虫歯スパイラルに陥らないための工夫として、メタルフリーの素材で虫歯治療を行うことが挙げられます。金属と自然の歯はほんの少しの隙間があり、どんなに歯磨きを行っても虫歯の再発リスクは高くなります。 このページでは、メタルフリー歯科治療を詳しくご説明します。

金属を使用しない
「メタルフリー」な
歯科治療

近年の研究から、特に銀歯に含まれる成分が口腔内に溶け出し、
体内に蓄積されて歯科アレルギーのリスクが高まることが明らかになりました。
当院ではメタルフリー(金属不使用)の歯科素材を豊富にご用意しており、より患者さんの健康に寄り添った治療を大切にしております。

銀歯によるお口と全身への影響

  • 歯科金属アレルギーの発症リスクが高まる

    銀歯に含まれるアマルガムという成分は、唾液のミネラルと結合して口腔内に溶け出し、体内に吸収・蓄積されていきます。その後、歯科金属アレルギーを発症し、皮膚がかゆくなったり赤くなったりなど、さまざまなアレルギー反応や体の不調を引き起こすリスクが高まります。

  • キズや汚れが付きやすく
    再発リスクが高い

    銀歯は経年劣化によりキズが付きやすく、キズに付いた汚れから虫歯菌が繁殖することがあります。治療後に虫歯が再発するリスクが高まり、歯をさらに深く削らなければならず、歯を失う原因にもなります。

  • 歯ぐきが変色し、
    見た目が悪くなる

    口腔内に溶け出した銀歯の成分が沈着し、歯ぐきの色が紫がかった色や黒っぽい色に変色することがあります。口を開けた時に歯ぐきの色が悪いと、不健康な印象を相手に与えてしまいかねません。なかには、銀歯が見えることにコンプレックスを持つ患者さんもいらっしゃいます。

  • 熱による刺激が神経に伝わり
    痛みが生まれる

    銀歯は熱伝導率が非常に高く、食べ物や飲み物の温度が歯の神経に刺激を与え、痛みを感じることがあります。特に神経近くまで進行した深い虫歯の治療後は、より刺激に敏感な状態になっています。場合によっては痛みに我慢できず、治療をしたにもかかわらず、再治療が必要になるリスクが高まるのです。

白い補填物(セラミック、CR)と銀歯の比較

※左右にスライドできます。

セラミック(自費) CR・硬化レジン(保険適用) 銀歯(保険適用)
治療内容・時間 時間をかけて、患者さんのオーダーメイドの治療が行える 比較的短期間での治療が可能 治療期間が長引き、通院回数が増える
見た目 透明度が高く、天然歯に近い美しさを持つ 天然歯に近い色合いをしているが、透明感がやや劣る 銀歯の色により不自然な見た目になる
強度 天然歯とほとんど変わらない強度を持ち、噛み合う歯を傷めにくい 大きな力が一点に加わると、衝撃で欠けたり割れたりする 天然歯よりも強度が高く、噛み合う歯を傷めてしまう
費用 自費診療となり、治療費が高額になるケースもある(要相談) 健康保険が適用でき、治療費が比較的安価になる 健康保険が適用でき、安価な治療費で済む
被せ物の質 長期間の使用でも劣化しにくく、非常に高い耐久性を持つ 経年変化による変色が起こりやすく、定期的な交換が必要 溶け出した銀歯の成分が、歯ぐきの変色を引き起こす
虫歯の再発 再発リスクが少なく、歯の寿命を維持できる 汚れが付くこともあり、場合によっては虫歯の再発リスクが高まる 汚れが付きやすく、接着剤の劣化によりできた隙間から虫歯菌が侵入し、虫歯が再発しやすい
金属アレルギー 金属不使用のため安心 金属不使用のため安心 金属アレルギーのリスクが高い

セラミックやコンポジットレジンなど、白い歯として使用できる詰め物・被せ物だとしても、それぞれにメリットとデメリットがあります。すべての患者さんに適しているとは限らないため、当院では患者さんのライフスタイルを考慮し一人ひとりに合わせた治療の提供を徹底。
ご自身の歯の寿命を長くするためにも、銀歯での治療をできるだけ避け、金属を使用していない歯科素材での治療をご案内しております。

コンポジットレジン
(CR)治療

歯科用のプラスチック(レジン)を直接患部に詰め、虫歯から歯の機能を修復する治療方法が『コンポジットレジン』です。
虫歯が初期段階や比較的浅い場合に用いられる治療であり、虫歯が深くまで進行しているときには適しておりません。
治療では型取りを必要とせず、1回で治療が終了するケースも多いので、患者さんの体にかかる負担が少なくなりました。

マイクロスコープを使用して再発リスクを最小限に留める

コンポジットレジンを患部に流し込む際は、浸出液の流量のコントロールが非常に難しく、高い技術力が求められます。そこで当院ではマイクロスコープを使用。患部を大きく拡大した状態で治療でき、削る量をできるだけ抑え、患部にレジンを流し込みます。歯とレジンを密着させて虫歯菌を防ぎ、見た目の仕上がりも美しい精密さにこだわっております。

セラミック治療

当院では金属を一切使わないオールセラミックの詰め物・被せ物をお勧めしております。
ぜひこの機会に綺麗で長持ちするセラミックにしてみませんか?
※料金は症例により異なります。詳しくはご相談ください。

オールセラミックス(技工士による手作り)

熟練技工士が手作りで一人ひとりの患者さんに合わせて作っていきます。

Merit
  • 熟練の技工士による丁寧な作製
  • 審美性ナンバー1
  • ジルコニアにより強度が上がる
Demerit
  • 費用と作製時間がかかる
料金
前歯 95,000円~120,000円(税別)
臼歯 89,500円(税別)

セレックシステム

コンピューターでデザインし、セラミックブロックを削りだして作製します。クラウン、インレーどちらも対応可能です。

Merit
  • 安くて長持ち
  • 症例によってはワンデイトリートメントが可能(インレー)
Demerit
  • 色の制限がある、単調である(研磨のみ)
  • 大臼歯には不向きである
料金
小臼歯(クラウン) 79,500円(税別)
前歯(クラウン) 85,000円(税別)
小臼歯(インレー) 39,500円(税別)
大臼歯(インレー) 49,500円(税別)

セレックシステムを利用した短期間での治療が可能

セレックシステムは、口腔内を撮影したデータをもとに、被せ物・詰め物の設計をコンピュータ上で行い、専用のマシンが設計通りの形に作り上げる機械システムです。
従来の治療のような型取りが必要なく、スピーディーな治療ができ、場合によっては当日中に治療を終わらせることも可能です。当院では精密さにこだわるため、治療ではマイクロスコープを使用し、治療後の虫歯の再発を防いでおります。

セレック専門サイト

その他当院で取り扱いのある詰め物・被せ物

金属アレルギーのリスクが少ない金属の詰め物・被せ物「ゴールド」のご用意もございます。メリット・デメリットをきちんとご説明させていただき、患者さん一人ひとりに適した素材をご提供します。

ゴールド
Merit
  • 経年劣化がほとんどなく、変色しにくく強度の高さを維持できる
  • 加工がしやすく、患者さんのさまざまな症例に対応できる
  • 生体親和性が高く、歯科金属アレルギーになりにくい
Demerit
  • 口を開けると金歯の色が目立ち、見た目が気になることもある
  • 自費診療により、治療費が高額になりやすい
料金
大臼歯(クラウン) 89,500円(税別)+金属代
銀歯(金銀パラジウム合金)
Merit
  • 保険診療のため、治療費が安価
  • 金属により、強度が比較的高い
Demerit
  • 溶け出した銀歯の成分が、歯ぐきの変色を引き起こす
  • 歯科金属アレルギーのリスクが高まる
  • 接着面に隙間が生まれ、銀歯の内側に虫歯ができやすい
料金
詰め物・被せ物 保険適用